ご相談(※無料)
メールや電話でお気軽にご連絡ください。ご要望や敷地条件、予算などの計画概要をお伺い致します。後日、調査敷地の形状や高低差、方位、周辺環境を現地にて確認し、最寄りの役所等で法規制などの調査を致します。

マスタープラン(基本計画)
ご予算をお聞きして資金計画を作成し、敷地の可能性を探りながらご要望を整理してファーストプランを提案させて頂きます。案の修正などを最大3回繰り返し、気に入っていただければご契約へと進みます。契約に至らなかった場合は、プレゼンテーション製作費として10万円(税別)を申し受けます。契約に至った際は設計料に含まれます。

基本設計
動線などを一緒に考えながら、具体的な空間をつくりあげていきます。2〜3週間に1度程度のお打合せを重ねながら、配置図・平面図・立面図・断面図・模型を用いて、プランの検討と調整を繰り返します。構造、設備、仕上材の検討も並行して行います。

実施設計
床・壁・天井などの素材を決定し、各部の納まり等を検討しながら実際に建物を建てるための詳細な設計図を作成致します。建具、キッチン、造作家具、照明、水廻りなど細かな打ち合せを行い、見積や工事に必要な詳細図を作成致します。 構造図や設備図も作成してゆきます。

見積依頼と調整
3社程度の施工会社に見積を依頼し、見積内容を比較・精査致します。予算に合わせるための仕様変更や見積違いの修正を致します。見積金額・工期・現場管理体制などから施工会社を決定し、お客様と施工会社との間で建築請負契約を締結していただきます。契約後、地鎮祭を執り行い、いよいよ着工となります。

工事監理
工事が始まってからは、設計図通りに工事が行われているかをチェックする監理業務を行います。2週間に1〜2度程度、工事現場にて図面どおり工事が行われているか、進捗状況はどうなっているか、手抜き工事をしていないかなどの確認を致します。現場に行かない間も、常時、電話・FAX・メール等で現場監督と連絡を取り合い、施工図のチェックを行います。また、お客様と仕上材・色彩・設備仕様等の未確定部分について最終決定します。工事を円滑に進めるための調整役となり、工事が完成するまでお客様に代わって現場に指示を出します。

完成とはじまり
引き渡し後1年を経過した時点で施工者の立ち会いのもとに1年点検を行います。竣工後の不具合は、その都度修繕を行いますのでお気軽にご連絡ください。建物は完成してから何もしなければ、ただ老朽化していくばかりです。しかし、適切な手入れをしていけば、その老朽化も“味わい”や“趣”に替わります。長く大切に住んでいただくためのお手伝いをさせていただきます。完成後も何年、何十年とお客様にご相談していただける存在であり続けたいと思っております。