問い合わせする前に知っておきたいこと。
Q.相談するにはどうしたらいいですか?
A.そうですね、メール、電話など、一番使いやすい方法でご連絡ください。
ホームページのオープンスタジオへお申込みいただいても結構です。その後、一度、事務所にお越し下さい。もちろん、こちらからお伺いすることも可能です。まずは、何ができて何ができないのか、どのくらいのお金が必要になるのか、不安なことやわからないことをお話しすることから始めましょう。

Q.費用はどの段階からかかりますか?
A.最初に気になるところですよね。まずは、ご相談を無料でお受け致します。
その後、ご予算とご要望をお聞きして資金計画を作成し、ファーストプランを提案させて頂きます。案の修正などを最大3回繰り返し、気に入っていただければご契約へと進みます。契約に至らなかった場合は、プレゼンテーション製作費として10万円(税別)を申し受けます。契約に至った際は設計料に含まれます。

Q.建築家に頼むと高くつくというのは本当ですか?
A.答え方が難しいですね。実は…半分正解で、半分は不正解です。
せっかく夢を実現しようとしているのに「安かろう悪かろう」では意味がありませんので、そういった面でいえば、めいいっぱい夢が詰まった家は高く映るかもしれません。一方、ハウスメーカーの住宅では、総予算の30%程度が宣伝広告費や営業費として消えています。住宅そのものの価値は総工費の70%程度です。これに比べて、設計事務所の設計監理料は総工費の10〜15%程度ですので、ご予算を限りなく住宅そのものの価値として使うことができます。また、住宅全体の完成度、満足度、品質、愛着などが大きく向上しますので、付加価値がプラスされる分、安いといえるかもしれません。もちろん、安くていいものをつくる方法は知っていますので、一度ご相談ください。

Q.土地探しからでもお願いできますか?
A.はい。お引き受けいたします。
お引き受けいたします。様々なコネクションを使って、できる限りご希望に近いお土地をお探しするお手伝いをさせていただきます。土地探しは早い者勝ちで、瞬発力が必要です。そんな時に専門家の立場からの助言を受けることができれば、安心してご購入に踏み切っていただけるのではないでしょうか。また、変形地や狭小地など、一般的にはデメリットのある土地でも、私たちはメリットに変えてご提案することができます。

Q.建築家の作風を壊すような要望は聞いてもらえないのですか?
A.いいえ。そのようなことはありませんよ。
家づくりには、たくさんのコミュニケーションが必要です。清建築設計室では、お客様とのコミュニケーションを大切にしていますので、まずは、お客様のお話に耳を傾け、よく聞くことから始めます。様々な条件、ご要望を整理、検討していきながら、お客様の言葉にならない隠れた思いを吸い上げ、繋いでいくことで、常に期待以上のご提案をさせて頂くよう全力を尽くしています。

Q.住宅以外の設計もお願いすることはできますか?
A.はい。もちろんお引き受けいたします。
収納などの家具デザインや看板などのサインデザイン、店舗や事務所やクリニック(診療所)といった小中規模施設、物品販売所やビルや工場などの大規模施設まで何でもご相談ください。

Q.古いマンションや一戸建てのリフォームやリノベーションもお願いできますか?
A.もちろん、そういったご相談もお引き受けいたします。
日本には現在、850万戸以上の空き家が存在しているとされています。この空き家が、人口減少と高齢化を背景に今後ますます増え続けていくことは明らかであり、供給過剰な空き家の活用は社会的な命題です。社会の命題に挑むことも建築家の大切な役割です。

Q.完成までにどれくらいの期間がかかりますか?
A.それは規模によりますが、住宅の場合、11カ月〜1年半です。
設計期間におよそ6カ月〜12カ月、施工期間におよそ5カ月〜6カ月です。ご相談から完成までで、だいたい1年ぐらいをみておくのが理想です。

Q.遠方でもお願いできますか?
A.はい、ご依頼があればどこでもお引き受けいたします。
だだし、新幹線や飛行機で現場監理に行かなければならないような場所であれば、ご相談の上、別途交通費をご精算させていただきます。

設計依頼時に気になること。
Q.清建築設計室に頼むメリットは何ですか?
A.ズバリ、設計力とひたむきさです。
住まいの設計は、お客様のためだけの世界にたったひとつの住宅をつくることだと言われています。だからこそ、お客様とはじっくりと進める住まいづくりをしたいと思っています。個人の建築設計事務所として仕事をしている理由もそこにあり、組織(会社)では、その規模が大きくなればなるほど商業主義に取り囲まれた設計が進められていきます。利益を出すためにある程度の数をこなす必要が生じ、商品受けする斬新さや趣向、性能が謳われ、どこか心地よさとは離れたところで設計が進んでいるように感じます。それではせっかくのマイホームが「住んでみたい家」ではなく、ただの「住む家」となってしまうのではないかと思うのです。じっくり進めることで、建築に求める本質が初めて見えてきます。その本質の中に心地よさがあると思うのです。「誠実にお客様と向き合い、ひたむきに設計へ挑む。」このことを大切に、佇まいよく凛とした建築をつくっていきたいと思います。

Q.設計料はどのくらい必要ですか?
A.一番気になるところですよね。ホームページのCONTACTをご覧ください。
当事務所では、国土交通省告示第15号に示された基準をもとに見積をさせていただきますので、詳しくはお問い合わせください。
ただし、一般住宅等におきましては、「延べ床面積(坪)に単価を乗じる」という方法で計算しております。
・延べ床面積(坪)×70,000円+500,000円

Q.打ち合わせではどのようなことを伝えたらいいですか?
A.そうですね、そこはあまり難しく考えないでください。
ご予算と土地の状況と家族構成の他に、どんな暮らし方をしたいかをお聞かせ下さい。具体的な趣味でもいいですし、どんな家具を置きたいかでも結構です。思いつくままに夢を語ってください。

Q.地震に強い家はつくれますか?
A.はい、十分なスペックをもった住宅を設計しております。
家は、人命と財産を守るための地震に強くなくてはなりません。しっかりと地盤調査を行い、住宅性能表示でいうところの耐震等級3(数百年に一度程度派生する地震力の1.50倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度)以上となるように、構造を検討し、設計しています。必要に応じて、構造設計専門のチームと一緒に設計することもあります。

Q.省エネについてはどうお考えですか?
A.機械に頼らない自然エネルギーの活用が最も省エネだと考えています。
まずは、毎年新商品が発表される省エネ機器に頼ることはぜずに、まずは、高断熱のハイスペックな仕様(省エネルギー対策等級4以上)とすることを前提に設計しています。その上で、夏場は、直射日光を遮り、風が抜ける自然通風を利用し、冬場は、日の光を取込み、重力換気により対流する熱をうまく利用できるように考えます。

Q.使いやすい家になりますか?
A.はい、それを実現するのが設計事務所の設計です。
家事などの使いやすさは、人によってかなり違うものなので、じっくり話し合って決めることで、お客様オリジナルの使いやすい家にすることができます。

Q.工務店選びはどのようにしているのですか?
A.それは良い質問ですね。基本的には、協力工務店3社ほどに見積もりを依頼し、その中から1社を選定して決めます。
状況によっては、信頼のおける工務店の中から、お客様の計画にあった会社をご紹介させていただく場合もあります。

Q.アフターフォローはどうなっていますか?
A.竣工後からしっかりと寄り添い続けます。
そして、完成後1年のタイミングで検査を行います。季節が一巡した状態で、材料の収縮などによって生じた不具合を調整させたいただきます。その後も、工務店と連携し、適宜フォローできる体制づくりをしておりますので、いつでもご相談ください。

Q.保証はどうなっていますか?
A.万が一の時には、第三者機関の保険会社からしっかりとした保証をお受けいただきけます。
「住宅品質確保促進法」により、全ての新築住宅は、施工会社側で10年保証の保険(住宅瑕疵担保責任保険)に入ることが義務付けられていますので、そちらに加入させていただきます。万が一、設計そのもののミスによって問題が発生した場合には、当事務所で加入している建築士賠償保険にて、対応させたいただきます。